812B1EE9-F4E7-4D8F-8261-5C4BEFB99ACC.JPG

アレルイア!感謝を

イエスは全地の主

彼は創造の王

アレルイア、アレルイア

復活した主に感謝

アレルイア、アレルイア

彼の名をほめたたえる

イーシャはこれまでキリストのものと

妻メアリーマグダーレン-私たちの贖い主

アレルイア、アレルイア

神の妻に感謝する

アレルイア、アレルイア

彼女の名前をたたえます

是非メルキゼデクを称賛しましょう

そして祝福されたメアリー彼の妻と女王

アレルイア、アレルイア

喜んで神に感謝しましょう

イエスが起きたこと

そして今、この玉座からの支配

The Cana Liturgy

Eesha, Her Kallahs, and Chatans have put together  for you this Liturgy to experience for the

FIRST TIME EVER ONLINE

as a gift during this most powerful time of Easter! 

Please join us in your own homes by watching the Cana Liturgy below and

HAPPY EASTER!

奉献の間、他のカラと北谷が奉献の言葉を話すように、エメラルドの言葉は彼女の手を彼女の口を覆っている有名人(カラリジー)によって話されます。

楽しい!

IMG_5685.jpg
IMG_5687.jpg
IMG_5719.jpg
IMG_5689.jpg
IMG_5684.jpg
IMG_5688.jpg
IMG_5690.jpg
IMG_5691.jpg
6A138ED7-C4AE-4488-8AD6-6D08B2B2507D.jpg

イーシャメアリーエレンの新しい本 「あなたはまだ私のものですか?」 からの抜粋

だい26しょう

最初のカラ

彼女とイエスと一緒に住んでいたメアリーに最も近い女性は、イエスの私的な教えを最初に体験しました、そして、彼らの公の使命の時が来たとき、男性は選ばれることができました。祈りに参加し、イエスが教えたのはこれらの最初の女性でした。彼らは礼拝の技術を学びました。彼と一緒に個人的に練習しました。繰り返しになりますが、女性が宗教的な儀式に慣れていなかったのは、彼女たちが聞いた、または料理の準備と提供の間に目撃した、または他の例では夫が彼らに言ったことを除いて、これは必要でした。

最終的に彼らに加わる女性の数の増加に伴い、最も親密な性質のイエスとマリアの結婚の多くの物語と教えを生き生きとさせるのは、これらのメアリーマグダーレンの女性でしょう。

カラは「永遠の花嫁」を意味します。これらは最初の女性の使徒/司祭であり、何も言われなかったり書かれたりはしなかった。これらは、パンとワインの人間からの贈り物をすべての錬金術の驚異の中で最大にするために必要な錬金術の神聖な言葉を受け取った最初のものでした。

彼らに何が起こりました?イエスが昇天した後、ピーターは女性を従順にすることによって、女性たちを彼らの役割から追い出しました。メアリーマグダーレンがイエスに指示しているとの十分な主張があった後、彼は他の人に、オールのないボートに乗って死ぬことを期待して彼女を亡命させました。従順ではない他の人々は、「神の法則」(しかし実際には「人の法則」)によって逮捕されるか、死刑にされるでしょう。それらと共に、それらの証拠や記憶は破壊または抑制された。メアリーの意識と同様に、彼らの意識は、これらの終わりの時に再び繰り広げられるまで、一時停止状態に置かれます。

IMG_5742.JPG
4FF4A96F-CC68-486E-B51C-BD6BF07BB5B4.JPG
23AADA34-DE42-4EE2-9F0C-491FF2CA5865.JPG
4AEBC8E0-0E1C-421E-98D5-7AA314336871.JPG
49BAA6F4-144D-43F7-845B-55B36CF1D2DA.JPG
741CDD54-F22D-4260-8D4E-88BEF2A573F2.JPG
1609CF0F-0184-493A-9AD0-32B9DE1B6B7D.JPG

イーシャメアリーエレンの新しい本「あなたはまだ私のものですか?」からの抜粋

だい45しょう

イエスの犠牲を理解する

イエスに父親(キリスト教の宗教で教えられている「父親」のみの意)を実行するように強いた愛と母親の意志を考えるとき、救いのいけにえを提供するために、イエスも非常に経験しなければならなかったことを思い出さなければなりません彼の父/母の意志を行うことだけでなく、深い個人的な犠牲。

イエスとその両親、そしてイエスとその妻にとって、どれほどの犠牲があったかを考えてみてください。彼らは彼らがとても愛していた人をあきらめなければなりませんでした。そして、非常に個人的なレベルでは、イエスとマリアが人間の生活と家族を一緒に持つことは決してないという考えは、彼らにとって壊滅的でした。イエスの十字架での逮捕、むち打ち、死も、マリアの心を引き裂きました。神は、人間として、私たち全員が直面する失恋、心痛、そして終わりのない困難から守られませんでした。彼らの人生は最初から究極の犠牲でした。

AfterlightImage 2.JPG

© 2020 ERCMSSE

The Phenomena of Jesus and Mary as the Eucharist

 

What you are looking at is the miracle of the red host. The red host turned into heart tissue when it dropped on the floor and was put on this dish, fulfilling the promise Jesus made to Mary Ellen in the 1990s that He would send a sign for all to see. Years later in the early 2000s, looking at the picture, Jesus’ image appeared and within a week, so did Mary’s next to Him. If you notice, to the right of the picture is a hand holding bread, showing that the Two make up the host. 

IMG_5695.JPG

イーシャメアリーエレンの新しい本「あなたはまだ私のものですか?」からの抜粋

だい80か

ドア#10究極の超越体験

結婚披露宴の聖体:それは何をし、なぜそれが必要なのですか?

子羊とその妻の結婚のごちそうの聖体は、究極の超越的な救いの体験です。私たちがこの貴重な聖なる食物を消費する瞬間から、それは私たちをすぐに神に導き、同時に神を私たちに導きます。私たちがこのスピリチュアルフード(救いの目的である結婚の饗宴のミステリーをすべて含んでいる)を消費するとき、このスピリチュアルライトの導入を通じて私たちが考え、感じている心と感情のエネルギーは、新しいエネルギーパターンになります。このエネルギーパターンは、各人間の神の内面の性質と共鳴し、ますます順応します。これは、大罪が神性に反する理由をさらに強調し、魂を地獄に非難します。

これは、身体的、精神的、感情的な存在に影響を与えるため、そして経験の各レベルで光と闇を分離し、増幅し、自己の中ですでに光で満たされたものと融合するため、順番に異なる形で現れます、そして光のより高い周波数と結合するという本質において能力がないものを解放して溶解することで、これは私たちがx年の間私たちの中で保持していた意識、変化して変容する能力、そして神は私たちすべてのために意図された神の青写真です。これが意味することは、イエスが私たちに与えたものに対するこの信仰、希望、愛、そして願望は、私たちが神の神の自然との交わりの状態にとどまることを可能にするということです。恵みの状態、または浄化の状態で生活することにより、私たちはこの物理的な領域内およびそれ以降のすべてのレベルで、神聖で自己認識的な生活を送っています。ですから、彼は自分の内なる光がランプスタンドに置かれることを教え、すべての人がそれを見ることができるようにしました。この意味で、彼は私たちの軽い体を導き、そして私たちは他の人を彼に導きます。結婚のごちそうの聖体だけが、物質的な世界とその暗闇の上に立ち上がることができる私たちの不死の部分を彼に向かってもたらし、それによって私たちを神聖なものにすることができます。これは、私たちがもう一度超越的に生きるための手段です。

イエスはご自分を「世界の光」として認識し、彼は単なる悟りを開いた男ではなく、彼がまさしく神であることを明らかにされました。そして彼は、彼の永遠の配偶者がそうであるように、私たちが彼を認める瞬間に彼の言葉で私たちの内側の軽い体を目覚めさせ続けます。簡単に言えば、私たちが光に戻って天国に入る必要があるのです。それが、肉体を持って天国に入ることが許されている人間がわずかしかないということです:イエス、聖母マリア、そしてマリアマグダーレン。イエスは、病人を癒し、人々を生き返らせ、水の上を歩くという贈り物を用いて、彼の光の卓越性を定量化しました。ですから、私たちの軽いからだと神のつながりは、永遠の命にとって不可欠です。

地上の意識と超越的な意識を比較し、軽食で魂と意識を養う必要性を、キリストの人の豊かさを証言します。

「あなたの先祖たちは荒野でマナを食べ、死んでいます。

これは天から降りてくるパンです

それを食べて死ぬことはありません。私は生きてきた生きている

天から降ります。誰かがこのパンを食べたら、彼は生きます

永遠に;そして私が与えるパンは肉であり、

世界の命を与えるでしょう。」

                            

“Your fathers ate the manna in the wilderness,

and are dead. This is the Bread  which comes

down from heaven, that one may eat of it and

not die. I am the  living bread which came

down from heaven. If anyone eats this bread,

he will live  forever; and the bread that I shall

give is the flesh, which [We] will give for the

life of the world.”

 

If you notice, the scriptures taken from the Bible do not reflect Jesus and Mary Magdalen as One in the Eucharist. Therefore, the scriptures that we present show they were written under a patriarchal law and mindset from that time, which has continued UNTIL TODAY, when Eeshan’s bring the true story to light.

To learn more about this and the dimidiation of the Eucharist, purchase THE BOOK:

Are You Still Mine? by Eesha Mary Ellen Lukas 

AfterlightImage 19.JPG

彼と一緒にオリーブの園に行きたくてたまらなかったが、彼の目は彼女を抱き締め、彼女に留まるようにと言った。そして彼女は上の部屋で晩餐の後で女性と一緒にいました。女性たちは静かに動き回り、夕方の並外れた素晴らしさのために静かな口調で話し、空気が浸透しました。まさにその雰囲気は、彼らすべてのために何が待ち受けているのかについての油注ぎのように見えました。彼女は彼女だけが理解できるように理解しました。イエスの使命感とこの杯の悲しみどちらも参加することになっていました。

もし彼が彼の汗を血の滴に変えるその激しさから、彼が苦痛の流血による破壊から彼女を守ったなら、彼女は暗闇、放棄の感覚、そして彼らが彼ら自身を犠牲にしていたまさにその人々からの拒絶に苦しめられた。彼らの最も近い仲間の一部は、彼らの目の前にあったものを理解することさえできませんでした。このカップル、イエスとメアリー、男性と女性は彼らの首相でした。

美しく、カリスマ的で、奇跡の労働者、聖なる男、そして彼の選ばれた妻。彼らの若さのプライム、お互いへの彼らの情熱のプライム、そして父の意志を成し遂げる彼らの情熱のプライム。おそらく、嫉妬を呼び起こした非常に人間的な身体的表現が、彼らの愛の神秘的で超越的な側面を覆い隠してしまったのかもしれません。

彼らのお互いへの愛の強さはすべて、その勢いを神から約束された出来事に組み込むことです。死の結果からの人類の救い。彼女は彼のことしか考えられない。彼の彼女への憧れは、彼女への彼女の憧れと一致した。彼のタッチ、彼の暖かさ、彼の愛撫。不可能への希望のかすかな輝き、何とかすべてが大丈夫だったという安心感。

彼らの相互の自己否定を覚えて、彼らの愛の肉体的な表現の完全さを決して体験しないようにして、彼女の心に衝動が根付きました。彼女は衣服を脱ぎ、すぐに白いリネンのマントに身を包みました。彼女は彼を求め、彼女の肌に触れるだけで彼を慰めました。この愛がどれほど複雑でなかったか。私たちが怖がり、無力で絶望的な気持ちになったとき、愛する人との触れ合いと抱擁はそれをより耐えられるものにしないのではないでしょうか。

遅くなってきたので、急いで庭に向かった。トーマスは、兵士が庭に向かっているという噂を聞いた後、彼女に追いつくために走っていました。「メアリーストップ!」と大声でささやきました。彼女が庭に着くと、兵士の騒ぎとシャッフルが大きくなっていました。もう始まっていた。彼らは彼を逮捕するためにここにいました。時間がありませんでした。兵士たちが到着したとき、彼女は彼らとイエスと一緒にいた人々を巻き込む乱闘を聞いた。イエスを恐れて麻痺したメアリーは見張りました。再びトーマスは叫んだ、「メアリー、出て行け!走れ!」メアリーは振り返って、トーマスに向かって走りました。トーマスはマントを彼女の周りに置きました。兵士たちは急いで押し入り、ユダがイエスにキスしたまさにその瞬間を振り返り、彼らが彼女の最愛の人を縛って彼を連れ去ったときの隠された場所から見ました。別の乱闘が発生した。彼女は何が起こっているのか分からなかった。パニックになり恐怖に襲われましたが、トーマスは彼女にできることは何もないことを彼女にささやきました。そのとき、彼女は自分のシートが取り残されていることに気づきました。シートは枝によって引き裂かれたようです…

イーシャの著作からの改作

情熱の夜  

執筆:Kallah Phillip

Screen Shot 2020-04-08 at 9.25.13 PM.png
 
IMG_5645.jpg

Image is a still from the movie The Davinci Code

からの写真

EESHANセダーディナー2019

Tuesday, The Last Supper

According to Eeshans, the Last Supper was actually held on Tuesday, not Holy Thursday. This has long been debated, as most celebrate the Easter trilogy as Thursday, Friday, Saturday. In line with the series of events that took place, coupled with the consciousness of Mary Magdalen, the aforementioned does not work.

Eeshans are not the only ones in support of this belief, we recommend the following from a printed lecture by Dr. Jim Fleming called “The Context of Holy Week”:

 

Until the discovery of the Dead Sea Scrolls, no written source…indicated that Passover was observed more than one day a week. The Dead Sea Scrolls…confirm that the Qumran community observed Passover on Tuesday night…. For the temple calendar, a feast can be any day of the week, depending on that year’s calendar. But Qumran never had a feast on Sabbath…had very strict Sabbath laws.

 

Now consider what had to transpire for the Last Supper to be on Thursday night.

There is a 4-6 hour Passover meal beginning at sunset…went to Gethsemane, probably around midnight…Peter, James and John would try their best…pray awhile before they fell asleep. Then there were 6 inquiries, all with witnesses, before 9 am…why were all these priests doing this…when they were supposed to be having Passover? …After the Jewish inquiries, there were 3 Roman trials…. Then followed the negotiations for Barabbas…Jesus was scourged, carried the cross, and was on the cross at 9 am…. Add to this the legal requirement…that there must be at least 24 hours between the arrest and the verdict….

 

Another thing that would bother a Jew…would be having a trial on the eve of a feast or the eve of a Sabbath…if this was Friday morning, it was the eve of both a feast and the Sabbath. About the 3 Jewish inquiries that night, they were to see if there was enough evidence to hold him. They decided there was, that they should try him. So they waited at least 24 hours…he was taken to the Sanhedrin…Pilate…. There is evidence in the Gospel that there was a night between the 1st time Jesus was with…Pilate and the 2nd time: His wife’s dream.

Also, the book, The Mystery Of The Last Supper, written by Colin Humphreys of Cambridge University, uses Biblical, historical and astronomical research to address the fundamental inconsistency about the event.

 

"This has puzzled Biblical scholars for centuries. In fact, someone said it was 'the thorniest subject in the New Testament'," 

"If you look at all the events the Gospels record - between the Last Supper and the Crucifixion - there is a large number. It is impossible to fit them in between a Thursday evening and Friday morning."

Screen Shot 2020-04-08 at 11.46.43 AM.pn

描写する写真

パームサンデーセレブレーション

の美しさ

パームサンデー  

イーサンはパーム日曜日をエルサレムでのキリストの歓喜の日として祝います。伝統的に、群衆は主に寺院への強制的な訪問で王立都市に戻って旅していた国からのユダヤ人で構成されていました。

これらの中には、エジプトとインドからイエスを知っていた人々と「人類のイエスの新しい信者または弟子」がいました。彼の人気が高まったので、誰もが誰でも彼-奇跡の労働者-キリスト-メシアを垣間見たかったのです。

群衆は彼の到着を待って押し込みました、それは驚くべきことでした。彼の妻を彼のすぐ後ろに連れて街に乗り込み、彼らは意気揚々と他に何もゲートから入りません。

彼の到着は征服王のそれをマークした。それはこれ以上完璧にはなりません。王家の町エルサレムの街はイエスに開かれています。そして王のように、彼は人々の崇拝と賛美を得ています。

その瞬間に-彼らが彼を救い主と認めたからではなく、彼が救世主であると信じたからではない賞賛でさえ-人々の間でそのような地位をこれまで達成した人がいなかったので、宗教指導者をさらに脅かしました。

それでも、彼は王様のレガリアを身に着けるのではなく、一般人のレガリアを身に着けました。ですから、彼が属していたクラスではなく、彼の教えと模範が彼らの心を動かしたのは確かです。

確かに、それらを引き寄せたのは「1つのもの」であり、人間の合理的な意識を一瞬遮断した「1つのもの」であり、彼を見ていた一人一人の中に「超越的」なテンプレートを引き起こしたのです。 、彼らの魂への「満足」。